アセット 5.png

ABOUT US

img2.jpg
あの人気番組「ほこ×たて」にも出演!

世界で2番目に硬い金属を、

最高の加工技術で削る

一言で言えば、『機械を使って、金属を加工する』

仕事ですがここにはたくさんの技術が詰まっています。

町工場だけどオシャレ!

ショールームのようにキレイ!

「3Kの町工場」のイメージを変えたい

 

床は白く、清潔で明るい環境

そんな環境で、昔ながらの技術にこだわった仕事する

そんな工場を皆で作り上げてきました。

 

現在は、第二工場をショールーム工場と位置付け、事務所をとびきりお洒落なプレゼンルーム兼休憩室改装しました。

綺麗でお洒落な空間で昼食や休憩をとってもらえます。

 

『ショールームの様な町工場』としてメディアからの取材を受ける他、『社員が企画する工場見学会』を実施し、自分たちで会社をブランディングし、情報発信しています!

製品は全て『一品物』。

単純作業の繰り返しではなく、

毎日が新しい加工への挑戦です。

東栄超硬

自慢制作事例

治工具

部品を大量生産する工場で使われる

『部品をつくる為の部品』

その中でも当社で作る治工具は、部品の精度を決める重要な部品を担っています。

世界で二番目に硬い金属『超硬合金』で、磨耗に強い高精度な治工具を作ります。

治工具.JPG

治工具

ゲージ.JPG

​ゲージ

ゲージ

生産された部品を『検査する為の部品』

ゲージの精度が悪ければ、不良品が世の中に流れてしまいます。

東栄超硬の作ったゲージで品質が保証されている。そこには妥協は許されないこだわりがあります。

アセット 8.png
アセット 7.png
先輩社員のある1日 上.JPG
02_249.jpg

先輩社員の仕事風景

機械の確認

一言で言えば、

『金属を加工する』ための機械です。

使用する機械は1台数千万円する
高精度で高価なものがずらりと並んでいます​。

work1.jpg

図面の確認と加工の

打ち合わせ

担当する工程に、加工する製品と図面が回ってきます。

まずは図面を見て、どうやって加工するか加工した後どうやって測定するかを考えます。仕事の9割はここで決まるといってもいいですね。

最初に頭に汗をかきます。

work2.jpg

製品を機械へセット

加工方法が決まったら製品を機械にセットし、

使用する工具を選んで取り付けます。

実際の加工では1000分の1mmの単位で削ります。

集中!

work3.jpg

測定と微調整

削り終わったら測定です。

図面通りの精度がでているのか…

 

あとどれだけ削ればいいか…

 

最後は微調整しながら仕上げていきます。

機械の確認

work4.jpg

完成!

完成です!
難しい仕事は終わった後の達成感が大きいです。

東栄超硬の特色はひとつの製品を、何人かの担当で順番に加工します。製品によっては現場の全スタッフが関わる事もあります。バトンリレーの様に製品を渡していきます。

work5.jpg

社長からのメッセージ

『社員が自慢できる会社にしたい』

この1点で会社づくりに取り組んでいます。

 

会社というのは

私にとっても、社員のみんなにとっても

成長が実感できる場であり

ワクワクする事ができる場であり

自分の居場所だと感じることのできる

安心できる場であるべきだと思っています。

 

ーひとづくり、ものづくりー

技術者として素晴らしい人間になるだけでなく、

人としても素晴らしい社員が集う会社を目指しています。

 

私たち東栄超硬のメンバーは、仕事を通じて

技術も人間力も高めていきます。

 

まだまだ小さな会社ですが、

社員一人ひとりが「自慢できる会社」を目指し、

新しいメンバーと共に成長してきたいと思っています。

shacho.jpg

『ひとづくり』への取り組み

​全社員で作る行動指針

『大切にすべき価値基準』として全社員で全56条の行動指針を作成し、毎朝の朝礼と月に一回の指針会議で指針の浸透を行っています。

行動指針により、社員一人一人の取るべき行動の認識が揃い、実際に行動に伴うことで、それが前向きな組織文化になってきています。

社員が成長する​人事評価制度

会社が社員を評価する為ではなく『社員が成長する為の人事制度』を行っています。やるべき目標が明示され、3ヶ月に一回フィードバックがあり、PDCAを確実に回してく人事制度により、社員が成長する場と仕組みが整っています。

事前に開示された評価項目と、自己評価⇒上長評価⇒会社評価⇒フィードバックにより、公平で納得感がり、頑張りが正しく評価されます。

先輩社員が語る東栄超硬

03_400.jpg

入社5年目 
本社工場勤務 佐藤

安心して働ける職場です
以前はサービス系の職場に勤めていたのですが、そこと比べると、休みがきちんと取れますし、

生産管理がしっかりしているので、残業があったときでも自分のペースで無理なく働けます。

会社が労働環境を整えようとしてくれる想いを感じますね。

少人数なのでアットホームで心地よい職場です。

入社17年目 
第二工場勤務 服部

展示会出展に参加してわかる自社の凄さ!

若手にも展示会には積極的に参加してもらいたいです。
自分
が魂こめて作った製品を世の人に見てもらう事は良い刺激となります。

『この精度すごいな!』と言われた製品が自分の加工した製品だった時の嬉しさ。。。

ハンパないです!

03_414.jpg

安心の教育制度

通常業務についてはOJT、いわゆる実際の仕事を通じで学びます。やり方ではなく、考え方を大切にし『なぜそうするのか』を丁寧に指導していきます。他にもこんな教育の場を設けています。

早朝勉(ひとづくり編)

kyoiku1.jpg

答えのないテーマを設定し、

全員でディスカッションします。テーマは本当に多岐にわたり、当たり前の事を問い直す事で新しい気づきを得る事もあります。

早朝勉強 (技術編)

kyoiku2.jpg

社長が講師となって、基礎知識や、その時の現場で旬なテーマを取り上げて勉強します。社長の業務キャパがパンクしているときはビデオ教材を見る事も…(汗)

kyoiku3.jpg

​他社交流

14社で構成される、中部ものづくりユナイテッドに所属しています。その中で名づけて『中部ものづくりユナイテッドNEXT GENERATION』という部会があり、各社の若手や次期エースが参加し、刺激をうけ合っています。

ただいま、

東栄超硬は

出世チャンス!

職人体制から組織体制への変革期を迎えています。

あなたの頑張りやアイデアでキャリアアップを

目指しましょう!

​福利厚生

通常の福利厚生に加え、東栄超硬には

オリジナルの福利厚生もイロイロ!

・みんなの誕生日に全員で誕生日ランチを食べに行く。

・活動休止がちなフットサル部がある。笑

・毎月予算達成したら予算達成ボーナス

・会社で嬉しい事があると、みんなでご馳走食べに行く。

今後計画中のやりたいこと

・以前行なっていた慰安旅行を復活したい!

・社員同士で食事にいく場合は補助を出したい!

・作業着をめちゃくちゃオシャレにしたい!

 

後半はやりたい事になっちゃっていますが、

正直、『こんな事したい!して欲しい!』

という意見大歓迎です。

fuku1.jpg
fuku2.jpg
fuku3.jpg
 

​面接予約フォーム

メッセージを送信しました

東栄超硬は

今まで培ってきた技術を基盤に、

新しいやり方をどんどん取り入れて
日々進化して行っています。

新しい取り組みとして取り入れた

掃除や勉強会も定時内に行っています。

作業時間自体は従来より減っていますが、

生産効率は今までよりぐっと上がっています。

一緒に確かな技術を身につけ、
柔軟なアイデアを持って

新しいものづくりを築いていきましょう。